お役立ちコラム

快適マタニティライフ お役立ちコラム クーポン情報 ご予約・お問い合わせ:03-6455-42630/営業時間:火〜土 10:00〜20:00/定休日:日曜・月曜・祝日

「つわりを楽に早く終わらせるために」part:1

2015年05月13日(水)12時56分
カテゴリ:お役立ちコラム つわり 初期の過ごし方 

妊娠初期はつわりがある不安定な時期である

妊娠期間中のまず初めの試練、それがつわりですね。妊娠期間中を通し、人によって最もつらい時期がこの初期に訪れるつわりの時期です。人によってはつわりが全くない妊婦さんもいますが、この0週から16週は妊婦さんにとっては特に難しい時期で、ストレスも感じやすく安定感に欠ける時期です
この妊娠初期は肩こり、頭痛や背中の痛み、首の疲れ、腰痛など様々な不調が体に出てきます。私が妊婦さんを専門に指圧マッサージしてきて思うのは、この時期に妊婦さんはマッサージを受け神経系統、特に頭首肩、肩甲骨周辺、背中背骨の際といった中枢神経、自律神経を整えるツボをほぐし、筋肉の緊張を和らいであげること、循環良く血行を促してあげることで、つわりによる不調はかなり軽減します。そういった意味で妊婦さんへのしっかりとしたマッサージは非常に有効です。

概ね妊婦さんは、腰が重くなってきてから指圧やマッサージを受けるパターンが多いのですが、の時期のケアが非常に大切で、妊婦さん専用のやり方が確立された指圧マッサージは、この先週数を進め安定期にすんなり入っていくために妊婦さんに必要な方法のひとつです。

つわり

・黄体ホルモンや絨毛性ゴナドトロピン(hCG 妊娠検査薬にも使われているホルモンです。)が大量に分泌されるため。この期間がつわりの時期と重なるので、これらの変化があまりに急激なので体が調整しきれない。
・まだ胎盤が未成熟なので、妊婦の体が赤ちゃんを異物だと認識してしまい、アレルギー反応がでるせい。
・急激な身体の変化に自律神経のバランスが混乱して、それが副交感神経緊張状態をまねき、一種の自律神経失調症となってしまうから。
・母体があまり動かない様に流産を防ぐ為。
・毒素となる食べ物を排除する目的のため

つわりは様々な理由が推測されますが、はっきりとした原因がわかっていません。
ただ治療に訪れる多くの妊婦さんの話を聞いていると、傾向として消化力がもともと高い人、妊娠する段階でちゃんとした消化力がある人、すなわち冷えがあまりなく代謝が高い妊婦さんは、つわりが全くない、あるいは軽いように感じます。おそらくつわりは、妊娠初期段階で体の中にある未消化物がない方が赤ちゃんにとってはより良い環境であるため、それを一旦除去しようとする反応だと考えられます。従って、もともと消化力が高く、代謝がよく体の中に未消化物が少ない妊婦さんは、つわりが軽かったり、場合によってはないのかもしれません。

このつわりと消化力は非常にリンクしているので、次回詳しくつわり対策としてお話ししようと思います。

何れにしても、妊娠初期(0週〜16週)は大変で人それぞれ様々な症状がありますね。私が治療で出会った妊婦さんのこの時期の症状を挙げると、

気持ちが悪い
吐き気がする
食べていないと気持ち悪い
食べると気持ち悪い
ただただ眠い
頭が痛くなる
肩がこる
唐揚げが食べたい
フライドポテトが食べたい
ご飯が炊ける匂いがつらい
焼き魚の匂いがだめ
鍋がだめ
ネギ、にんにくがつらい
コーヒーが飲めなくなった
タバコの匂いがつらい
アイスしか食べられない
スイカなら食べられる

症状は個人差が大きく様々ですが、以下4つの妊婦さんのパターンが多いような感じがします。

・気持ち悪くて食べられなく体重を減らす妊婦さん
・食べていないと気持ち悪く体重が増える妊婦さん
・気持ち悪さはないが眠気がひどい人、頭が痛くなる妊婦さん
・全く変化がなく、胎動もないので赤ちゃんが元気か心配な妊婦さん

つわりが終わる時期も、だいたい安定期に入る16週には終わっている方が多いのですが、いつまでで終わるとは断言できず、妊婦さんによっては妊娠期間中ずっと気持ちが悪いという妊婦さんもいます。傾向として、「最近少し楽な日が増えてきたかも」、と感じた妊婦さんは、基本的にはそのあとぶり返してつわりが悪化するというパターンは少なく、だんだん良くなっていきます。「最近少し楽な日が増えてきたかも」と感じた妊婦さんは、つわりも終わりに向かっていると希望を持って大丈夫だと思います。

収まってくるのをただ待っているだけではつらいつわり、次回は「つわりを楽に早く終わらせる飲み物や過ごし方」をお伝えします。

ご予約・お問い合わせ
PAGE TOP