お役立ちコラム

快適マタニティライフ お役立ちコラム クーポン情報 ご予約・お問い合わせ:03-6455-42630/営業時間:火〜土 10:00〜20:00/定休日:日曜・月曜・祝日

妊婦さんに安定を与え赤ちゃんが元気に育つドライフルーツベスト3(イチジクの話part4)

2015年04月02日(木)16時48分
カテゴリ:お役立ちコラム 白イチジク 

白イチジクは妊婦さん、産後授乳中に素晴らしい栄養たっぷりのドライフルーツ

ドライフルーツの白イチジクにはまずペクチンという食物繊維が豊富にあります。このペクチンという食物繊維は、腸のはたらきを活発にする働きがあるため、大抵の妊婦さんがよく悩む便秘に効果 があります。さらに鉄分やカリウムが多く、ビタミン特にB1、B2、Cを豊富に含んでいるのですが、鉄分は貧血、カリウムはむくみ、ビタミンB1、B2はつわりの軽減、ビタミンCは免疫力強化と、妊婦さんには非常に心強い果物なのです

しかも白イチジクには母乳を促す働きがあります。この働きは、ビタミンやミネラルといった側面からでは計りきれない働きなのですが、今ではわかっている助産師さんは母乳で悩むお母さんにイチジクを食べることを勧めたりまそます。つまり、産前産後通して有効な素晴らしい食べ物がイチジクなのです。

イチジクがもたらしてくれる効果

・妊娠期間中の腸の働きを活性化し、便秘の解消を促す
・むくみの予防
・妊娠期間中の妊婦さんの免疫力、活力の向上
・胎児の発育(特に初期)の促進
・母乳の促進

アーユルヴェーダ的考え方

アーユルヴェーダでは、免疫力や活力をオージャスと呼びます。そしてこのオージャスが多ければ多いほど、良い健康状態を保つことができ、体調を崩さず幸福になるとされています。妊娠期間中の妊婦さんはどうしても体調を乱しやすい傾向にあります。これは自分の体質(ドーシャという3つのエネルギーのバランス)が、妊娠することによって変化するためなのですが、この3つのエネルギーのうちのひとつ、vata(風の質、動きを持った性質)が特に乱れやすくなります。イチジクは特にこのvataの乱れを正常化し、オージャスを増やす果物だとされているため、妊娠期間中はぜひぜひ、自分自身と赤ちゃんのために規則的にイチジクを食べて欲しいのです。確実に良い影響(お母さんが元気になる!胎児がすくすくと育つ!)を与えます

ちなみにこの風の質vataは、風からも連想できるように乾燥とも関わりが大きい質です。つまり、乾燥したものお煎餅や、ポテトチップス、ポップコーンなど、いかにも乾燥したようなものを食べていると非常にvataが増え、体調が乱れます。
実はドライフルーツも、乾燥しているためややvataを乱す傾向にあるため、さほど気にしなくても大丈夫なレベルですが、やはり水戻しにしたり、牛乳で一度温め柔らかくしてから食べるという食べ方が、妊婦さんには最も適切なのです。

イチジク 妊婦 食べたほうがいい マタニティー ドライフルーツ

3回で、イチジクの話をしましたが、少し聞きなれないアーユルヴェーダという伝統医学からもアプローチしました。このアーユルヴェーダという伝統医学は、食べるものや過ごし方に関する知識が半端ではなく、妊婦さんにとって非常に良い結果をもたらす知識がいっぱいありますので、少しづつお伝えしていきます。

次回から、妊婦さんに安定を与え赤ちゃんが元気に育つドライフルーツベスト3の2つめをお話ししていきます。

ご予約・お問い合わせ
PAGE TOP