NEWS

快適マタニティライフ お役立ちコラム クーポン情報 ご予約・お問い合わせ:03-6455-42630/営業時間:火〜土 10:00〜20:00/定休日:日曜・月曜・祝日

安産のお茶 「ラズベリーリーフティー」

2016年11月19日(土)17時19分
カテゴリ:NEWS お役立ちコラム オススメの食べ物 

 

ラズベリーリーフティーは、陣痛をやわらげ分娩時間を短くする効果があるということからヨーロッパでは「安産のお茶」「妊婦のハーブティー」などと言われています。

また、妊娠中だけではなく産後にも役立つ作用が多く風邪にも有効なハーブです。

◎ラズベリーリーフティーの効果

①お産を楽にする

ラズベリーリーフには子宮周りの筋肉の緊張を緩める働きがあり、お産を楽にすると言われています。

②分娩時間が短くなる

ヨーロッパでの過去の研究では、ラズベリーリーフティーを毎日飲んだ結果、分娩時間が短くなったという臨床結果が報告されています。

産後の疲労回復・母乳の出を良くする

産後のママの体は母乳をたくさん出せば、その分妊娠前の体に戻ろうとする力が働きます。

また鉄分やビタミン、ミネラルが豊富に含まれることより母乳の質を良くする効果もあります。

④風邪や下痢、扁桃腺の炎症にも有効

主要成分のタンニンの収れん作用によって、のどの痛みにも効果的です。

◎いつから、一日どれくらい飲んでよいのか?

妊娠後期、28週目くらいから飲み始めると良いとされています。

飲む量は一日2杯程度を目安に飲むと効果的です。

※妊娠初期~中期は飲まないこと
子宮収縮を促す作用があるため、ラズベリーリーフティーを飲むのは妊娠8ヶ月を過ぎてからにしましょう。また、医師から安静にしているように注意をうけている場合には、医師に相談してから飲んでください。

このようにラズベリーリーフティー産前産後の女性にとっても有効なお茶です。

Ciconia[キコニア]でも、妊娠後期に来店された妊婦さんや産後の方には、化学肥料を一切使用していないオーガニックラズベリーリーフティーをご用意しておりますので、ぜひお試しください♪

 

妊婦さんにおすすめの食べ物と食べ方:オイル、果物編

2015年06月06日(土)15時34分
カテゴリ:お役立ちコラム オススメの食べ物 

妊婦さんが食べたほうがいい食べ物、食べ方として主食とタンパク質類、野菜と乳製品についてコラムを書きましたが、今回はオイルと果物についてです。妊娠期間中はつわり、肩こり、腰痛、背部痛、倦怠感、むくみ、こむら返り、動悸、貧血、妊娠性糖尿病、頭痛、眼精疲労、様々な不調が出てきます。あらゆる食べ物の正しい知識が健康を作っていきますが、オイルと果物は妊娠期間中妊婦さんと赤ちゃんにとって大きな助けとなるのでうまく活用し、いつでも滋養された体と心で妊娠期間を過ごしてもらいたいです。

オイル類

ギー(精製バター)
エクストラヴァージンオリーブオイル
ココナッツオイル
亜麻仁オイル

オイルは非常に重要です。私たちの細胞はリン脂質、つまり油分で包まれているようにオイルをうまく摂取する(食べる以外だけでなく肌に塗り経皮吸収することも)ことにより、健康を作っていくことができます。妊娠期間中は赤ちゃんの細胞がものすごい勢いで作られていく時期です。この時期にどんなオイルを使い生活しているか、実はこれが非常に重要になっていきます。また妊娠期間中はかゆみや妊娠線といった肌のトラブルも非常に多く見られるので、オイルをうまく使うことが必須になっていきます。
妊娠期間中に是非活用してもらいたいオイルを一つ挙げるとすれば、それは「ギー」です。まだまだ馴染みの少ないギーですが、このギーが妊婦さんの安定と、赤ちゃんの穏やかな神経系の発育、免疫力に効果があるのです。ギーとは無塩バターからを精製することで作られるピュアオイルなのですが、これを妊娠期間中に活用することは最も大切な妊娠期間中のセルフケアアドバイスだと私は感じています。はっきり言って全ての妊婦さんに食べてもらいたいです。

妊婦さんの消化力を上げること、神経系をリラックスさせること、肌のトラブルや安眠にも効果があること、乳腺を詰まるリスクが少ないこと、そして赤ちゃんに健やかな発育と神経系のリラックスを与えること、より具体的な効果についてはギーのコラムを作ってあるのでそちらを見てもらいたいのですが、非常に有効なオイルのなのです。
自分でも作ることができますし、現在キコニアでも安心できる良質のギーを販売できるよう準備しております。

 

 

(さらに…)

妊婦さんにおすすめの食べ物と食べ方:野菜、乳製品編

2015年05月27日(水)18時41分
カテゴリ:お役立ちコラム オススメの食べ物 

前回は妊婦さんが食べたほうがいい食べ物、食べ方として主食とタンパク質類についてコラムを書きましたが、今回は野菜と乳製品についてです。妊娠期間中はつわり、肩こり、腰痛、背部痛、倦怠感、むくみ、こむら返り、動悸、貧血、妊娠性糖尿病、頭痛、眼精疲労、様々な不調が出てきます。野菜と乳製品は妊娠期間中妊婦さんと赤ちゃんにとって大きな助けとなるのでうまく活用し、いつでも滋養された体と心で妊娠期間を過ごしてもらいたいです。

野菜類

アスパラガス(特に先端)
小松菜
さつまいも
カボチャ
ビーツ
ズッキーニ
オクラ(火を通したもの)
かぶ(火を通したもの)
白菜(火を通したもの)
大根(火を通したもの)
冬瓜(火を通したもの)
ごぼう(火を通したもの)
レンコン(火を通したもの)
人参(火を通したもの)
ブロッコリー(火を通したもの)

野菜は全般的にどれを食べても妊婦さん、そして赤ちゃんに純粋性を与え滋養する力があります。好みや野菜の季節に合わせ食べて大丈夫ですが、基本的には温かくよく蒸したり、ギーやオリーブオイルで炒めた野菜が良いとされます。これは消化力を下げないための工夫で、消化力がもともと高くない体質や状態の妊婦さんが、生野菜ばかり食べるのはあまりお勧めではありません。それでも暑い時期など、キュウリやレタスなどフレッシュな常温の生野菜は体にいい作用をする場合もあります。いくつか注意したい野菜とその調理方法は、オクラは生でネバネバさせて食べるより、湯通ししたり、少し胡椒で炒めたりしたほうがいいです。これは、オクラのネバネバは消化力を落とす力が強くあまりネバネバさせた生のオクラを食べていると、心や体が重くなります。また消化力が低い朝食に食べるのも避けたほうがいい食べ方です。しかしオクラそのものは非常に妊婦さん赤ちゃんを滋養する力があり、特に神経系に重要な髄液を滋養するのでしっかりと加熱し妊娠期間中には食べてもらいたい野菜でもあります。
妊娠期間中に貧血になる妊婦さんが多いのですが、小松菜とアスパラガスはオススメです。このふたつの野菜は、特に弱った体を滋養してくれる力が強いため、オイルで炒めたり、蒸して十分柔らかくしてから食べると、症状が楽になり、妊娠期間中の安定につながります。
一般的に葉物、太陽を浴びる環境下の野菜は質が軽く(消化が速く)、根菜類など、土の中で育つ野菜は質が重い(消化が遅い)という特徴がありますが、妊婦さんは「ちゃんたした消化力を保ちながら、少しだけ質が重いものを食べる」これが赤ちゃんのすくすくとした発育につながりますし、出産後の赤ちゃんも体が丈夫な子になります。したがって、根菜類、例えばサツマイモやカボチャなどをよく蒸しギーときび砂糖で食べる、このような料理は非常に大きな滋養になります。大根も生ではなく温かくして食べるのが非常におすすめです。ちなみに根菜類でジャガイモは厳密に言うと神経系を少し刺激する作用があるので、あまり頻繁に食べないほうが赤ちゃんの穏やかな神経系の発育にとっては大切です。
ブロッコリーも子宮を滋養する野菜なのですが、生で食べるのはあまり良くなく火をしっかりと通してスープなどで食べるのがおすすめです。似た形状にカリフラワーがありますが、カリフラワーは子宮を滋養する野菜ではなく、また消化も遅いためカリフラワーをお勧めします。
若干注意したほうがいい野菜を幾つか挙げておきます。トマト、ナス、キャベツ(生)、キノコ類、ジャガイモ、生姜この辺の野菜になります。大量に頻繁に食べなければ問題ありませんしナーバスになる必要はありませんが、どの野菜も少し神経系を乱す質を少し持っているのでやや気をつけたほうがいいです。
もちろんオーガニック野菜、無農薬が最もよく、その次が有機野菜です。新鮮な野菜なら新鮮なほどこころと体に素晴らしい効果を与えてくれるので、なかなか都会にいるといい野菜を手に入れるのも苦労しますが、妊娠期間中はなるべく信頼できるところから手に入れて欲しいです。

続いて乳製品についてです。

(さらに…)

妊婦さんにおすすめの食べ物と食べ方:主食、タンパク質編

2015年05月26日(火)19時24分
カテゴリ:お役立ちコラム オススメの食べ物 

妊婦さんにおすすめの食べ物と食べ方

妊娠期間中は食べたいものが変化します。今まで食べられなかったものが急に食べられるようになったり、むしろそればかり食べるようになったり、逆に一切受け付けなくなったり。主につわりの時期が最も変化が大きいのですが、妊娠期間中を通して食べ物の趣向は変化します。そのような趣向の変化は赤ちゃんが抱いている欲求なので、基本的には赤ちゃんの欲求に従い、食べたいものを食べていいです。しかし、やはり妊婦さんのお安定と赤ちゃんの健やかな成長、安定した免疫力、体力のためにおすすめの食べ物というものはあります。どんなものを食べていると妊婦さんは妊娠期間中安定して、出産に向けた赤ちゃんの発育を促していけるのかを何回かに分けお伝えしていきます。

主食類

炊きたてのご飯 (優先順位:押し麦→雑穀米(胚芽米)→白米→玄米)
お餅      (つきたてがベスト)
新鮮なパン   (優先順位:全粒粉→ライ麦→天然酵母→小麦粉)
蕎麦      (優先順位:温かい蕎麦→冷たい蕎麦)
うどん     (うどんよりは蕎麦。でも妊婦さんは温かいうどんも良い)

基本的には妊婦さんは炊きたてのご飯が大きな滋養につながります。10割白米よりも、1〜2割押し麦を混ぜるのがベストな主食になります。押し麦は消化力の負担になりづらく、消化力の安定につながるのでオススメで、食べていると、赤ちゃんの肌のかさつきや痒みのトラブルのリスクを下げます。雑穀米や白米も炊きたてなら非常に滋養になりますが、冷凍しておいて解凍したご飯は炊きたてのご飯よりも滋養するエネルギーが下がります。ちなみに玄米は避けます。玄米を妊娠期間中食べ過ぎていると、火の質(アーユルヴェーダで言う所のPITTA)が増え、赤ちゃんの肌トラブルの原因になる傾向があります。これは玄米はPITTAという火の質が多い食べ物で、且つ非常に消化に時間のかかる穀物であるため、常食として毎日玄米を食べるのは避けたほうがいいのです。
体のことを考えて白米から玄米にチェンジしている妊婦さんもたまにいらっしゃいますが、玄米ではなく押し麦ご飯にチェンジしてもらいたいです。
(さらに…)

ご予約・お問い合わせ
PAGE TOP