NEWS

快適マタニティライフ お役立ちコラム クーポン情報 ご予約・お問い合わせ:03-6455-42630/営業時間:火〜土 10:00〜20:00/定休日:日曜・月曜・祝日

つわり緩和アイテム

2016年07月12日(火)17時09分
カテゴリ:NEWS お役立ちコラム つわり 

Ciconiaのホームページをご覧いただきありがとうございます。

本日は妊娠中のつわりに効果があるアイテムをご紹介いたします。

私もお客さまから聞いて知ったのですが、「酔い止めバンド」「シーバンド」というネーミングで販売されており、腕にある 内関 というツボを刺激してくれるアイテムです。

このツボはつわり・吐き気・胃痛・乗り物酔いに効果があり、ストレスお腹の張り改善効果もあると言われています。

当店でも悪阻がある妊婦さんには、治療の際指圧で刺激をしたり、日常でも自分で押すようにアドバイスさせて頂いておりますが、このバンドはつけているだけでツボに刺激が与えることが出来ます。

バンドの効果は個人によって差があるようですが、当店にお越しいただいた妊婦さんはこのバンドをつけたおかげで「つわりがだいぶ楽になった!!」とおっしゃっていました。

つわりでお辛い思いをされている妊婦さんは、一度試してみてはいかがでしょうか?

マタニティ・お肌トラブル対策③ 肌荒れ対策

2016年06月19日(日)18時02分
カテゴリ:NEWS お役立ちコラム お肌ケア 

妊娠初期は多くの体調の変化が出てきます。

その中でも妊娠初期の多くの妊婦さんが、肌荒れ・ニキビ・むくみなどのお肌トラブルを感じています。

マタニティ・お肌トラブル対策の第3弾は 肌荒れ・ニキビ・むくみ について、その原因と対策についてお伝えさせていただきます。

◎原因は?

やはりホルモンの影響が大きいです。

妊娠することによって増えるプロゲステロンというホルモンは、皮脂分泌を増やす作用があります。皮脂が毛穴につまって炎症が起こることでニキビや吹き出物といった肌トラブルが起こります。

また、プロゲステロンには水分をため込む作用もあるため、むくみも出てきます。

その他、食生活の乱れや便秘なども肌荒れの原因になります。

◎対策・ケア方法は?

原因がホルモンの影響の場合は、ホルモンバランスが落ち着いてくる妊娠中期に入るとお肌も落ち着いてくる場合が多く、出産後は妊娠前の状態に戻るので安心してください。

しかし!!  妊娠中のお肌のケアを怠ると、ニキビが出来やすい環境を作ってしまいニキビ跡が残ってしまうこともありますので、産後のためにも妊娠期間中のケアはしておいて損はありません。

妊娠期間中にご自身でできるケアは

①保湿ケア。お肌が乾燥していると、皮脂が毛穴につまりやすくなってしまうため、ニキビや吹き出物ができやすくなります。

②ビタミンCを摂る。ビタミンCは肌の代謝を促す効果があります。身体の外側からだけではなく、内側からのケアも大切です。

③フェイスマッサージ。マッサージで顔の筋肉をほぐし、血流・リンパの流れを良くすることでむくみの緩和になります。あまり強い力でマッサージをすると、摩擦でかえって肌が荒れてしまうこともあるので注意してください。

◎まとめ

妊娠期間中は気持ちの浮き沈みも多く、ストレスを溜め込みやすい状態です。お肌トラブルも気にしすぎるとストレスになってしまいます。妊娠したことによる身体の変化のひとつと考えて、気にしすぎないようにしてくださいね。

最近ではマタニティさんも受け入れているフェイシャルサロンも増えてきていますので、リラクゼーションも兼ねてフェイシャルケアするのもおすすめです。

マタニティ・お肌トラブル対策② 妊娠線ケア

2016年06月04日(土)17時40分
カテゴリ:NEWS お役立ちコラム お肌ケア 

妊娠中に入りお腹が大きくなってくると妊娠線が気になりはじめますよね。

マタニティ・お肌トラブル対策の第2弾は 妊娠線ケア について、その原因と対策についてお伝えさせていただきます。

 妊娠線はお腹やバスト、太もも、お尻、二の腕などにでき、お腹が大きくなりはじめる妊娠5ヶ月頃からできることが多いようです。

出産後は徐々に目立たなくなりますが、一度できてしまった妊娠線は完全に消すことは残念ながらできません。

しかし!! 妊娠中にケアをすることで妊娠線ができにくいお肌に(皮膚)にすることは可能です!!

◎妊娠線ができる原因は?

①皮膚の急激な伸び。皮膚内部(真皮)にある肌の弾力を司るコラーゲンや繊維が断裂することでおこります。

②ホルモンの影響。妊娠中に増加するコルチコステロイドというホルモンによって、肌のターンオーバー(肌代謝)が抑制され、肌は次第に弾力を失ってしまいます。

◎対策・ケア方法は?

①体重のコントロール。急激に体重を増やしてしまうと、真皮の伸びが追いつきにくくなります。

②保湿ケア。肌の弾力を保つには保湿ケアが重要です。妊娠中にしっかり保湿し、肌の弾力を保つことで妊娠線ができにくい肌にすることができます。

③ビタミンCを摂る。ビタミンCは肌の代謝を促す効果があります。身体の外側からだけではなく、内側からのケアも大切です。

◎いつからケアを始めるべき?

妊娠初期は特にホルモンバランスが乱れやすく肌のバリア機能が低下し肌荒れを起こしやすい時期なので、身体が安定してくる16週ころから始めるのがお勧めです。

◎ケア用品はどんなものを使えばいいの?

セラミドなどのうるおい成分が配合されているもの、のびの良いものがお勧めです。

のびが悪いと、塗るときにの摩擦によってかえってお肌を痛めてしまします。

 

Ciconia[キコニア]では妊婦さんにおすすめの全身用美容乳液をご用意しております。

店舗にお越しの際は、ぜひお試しになってください♪

 

 

 

 

マタニティ・お肌トラブル対策① シミ・そばかす対策

2016年05月25日(水)18時16分
カテゴリ:NEWS お役立ちコラム 未分類 

妊娠期間中はホルモンのバランスの乱れからさまざまなお肌トラブルが起こります。

妊娠するとプロゲステロンというホルモンが増加します。

このホルモンの増加によってホルモンバランスが乱れ、ニキビ・吹き出物・乾燥・かゆみ・シミなどの肌荒れなどの肌トラブルを起こします。

プロゲステロンは妊娠を維持するために必要な大切なホルモンでもあり、出産まで分泌され続けるため、ホルモンバランスの乱れは避けられません。

妊娠中の肌トラブルは早めの対策が大切になります。

そこで、今回から数回に分けてそれぞれのお肌トラブルの対策方法をお伝えします。

今回のテーマはシミ・そばかす対策です。

ホルモンバランスの乱れによってお肌の新陳代謝(ターンオーバー)が正常に行われ無くなり、シミ・そばかすが突然現れたり、広がったりします。

妊娠中にできたシミ・そばかすは産後ホルモンバランスが整うことで戻ることが多く、通常のシミ・そばかすより消えやすいと言われています。

しかし、妊娠期間中にケアを怠っていると産後になっても残ってしまう可能性があります。

ということで、妊娠中にしっかりケアし、ターンオーバーを促すことがとっても大切になってくるのです。

自分でできる一番安全な方法としては、ビタミンCを多く含んだ食材を摂ること。体の内側からターンオーバーを促すことが出来ます。

小松菜・ホウレン草・赤ピーマン・黄ピーマン・ブロッコリーなどの野菜類や果物に多く含まれています。

ビタミンCはシミ・そばかすの原因となるメラニン色素の生成を抑える働きもあります。

その他、紫外線予防、質の良い睡眠など生活習慣も大切になってきます。

 

お顔はお肌の中でも常に外に出ている部分。トラブルがあると気分が落ちたり、やる気が出なかったりしてストレスになりますよね。

ママのストレスはお腹の赤ちゃんにも伝わります。

より快適でストレスの少ないマタニティライフを送るため、産後のためにも早いうちからお肌のケアを心がけてみてください。

 

お肌トラブルでお悩みの方は、当店にいらっしゃった時にご相談いただければアドバイスさせていただきます♪

マタニティ指圧マッサージの効果

2016年05月18日(水)17時09分
カテゴリ:お役立ちコラム つわり むくみ、つり マッサージ 肩こり 腰痛 頭痛、ストレス 

 

みなさんこんにちは。
しばらく「お役立ちコラム」の方をお休みしておりました。
今回は初心に戻り、指圧マッサージの効果について書かせ
ていただきます。

妊婦さんは、肩こりや腰痛、むくみ、ホルモンバランスの
乱れなどさまざまなマイナートラブルが起こります。
そして、週数や個々の体質によっても大きく差があるため、
どのように対処してよいのか分からず困っている
妊婦さんが多くいらっしゃいます。

マタニティー指圧マッサージの効果は
●凝り固まった筋肉をしっかりとほぐすことで、肩こりや
腰痛などの痛みが楽になる。
●指圧マッサージによって自律神経が整うため、つわり、
不眠やイライラなどのストレスを緩和することができる。
●定期的に指圧マッサージを行うことで、妊娠後期の身体
の負担によるトラブルを軽減できる。
●定期的に指圧マッサージを行うことで、出産の際の身体
の負担が軽減できる。
●定期的に指圧マッサージを行ることで、産後ための身体
づくりができる。

このように、指圧マッサージはリラクゼーションや痛みの
緩和という目的だけではなく、妊娠期間中の身体のケア
出産のための準備、産後のための身体づくりができます。

 欧米やオーストラリアなどでは、妊婦さんがマッサージを
受けるのは当たり前のこととなっています。
みなさんも指圧マッサージを取り入れ、より快適な
マタニティライフ、楽な出産、子育てを目指してみては
いかがでしょうか?
2 / 1412345...10...最後 »
ご予約・お問い合わせ
PAGE TOP