お役立ちコラム

快適マタニティライフ お役立ちコラム クーポン情報 ご予約・お問い合わせ:03-6455-42630/営業時間:火〜土 10:00〜20:00/定休日:日曜・月曜・祝日

「つわりを楽に早く終わらせるために」part:2

2015年05月20日(水)12時41分
カテゴリ:お役立ちコラム つわり 初期の過ごし方 

妊娠初期のつわり、ただ楽になっていくのを待っているだけではつらいですね。実はつわりを楽に早く終わらせるための方法が3つあるのでご紹介します。妊娠初期のつわりの時期は症状に個人差が大きくあるので気持ち悪くて水を飲むのも無理、という方もいらっしゃいます。人によってはつわりが16週を過ぎてからも続いて気持ち悪いという妊婦さんもいますし、つわりで入院し体重を大きく落とす妊婦さんもいます。妊婦さんは体の変化に戸惑いますが、出来そうなつわり対策を取り入れ、比較的に早くつわりを終えてもらいたいです。
早く軽くつわりを終えることができれば、そのあと安定期に入ってからも比較的に楽に妊娠週を進めていくことができます

つわりを楽に早く終わらせる3つの方法

1:白湯を早朝空腹時に飲む

2:グレープフルーツジュースかレモンジュース、ザクロジュースに生蜂蜜を混ぜて空腹時に飲む

3:生姜白湯を朝の空腹時に飲む

(さらに…)

「つわりを楽に早く終わらせるために」part:1

2015年05月13日(水)12時56分
カテゴリ:お役立ちコラム つわり 初期の過ごし方 

妊娠初期はつわりがある不安定な時期である

妊娠期間中のまず初めの試練、それがつわりですね。妊娠期間中を通し、人によって最もつらい時期がこの初期に訪れるつわりの時期です。人によってはつわりが全くない妊婦さんもいますが、この0週から16週は妊婦さんにとっては特に難しい時期で、ストレスも感じやすく安定感に欠ける時期です
この妊娠初期は肩こり、頭痛や背中の痛み、首の疲れ、腰痛など様々な不調が体に出てきます。私が妊婦さんを専門に指圧マッサージしてきて思うのは、この時期に妊婦さんはマッサージを受け神経系統、特に頭首肩、肩甲骨周辺、背中背骨の際といった中枢神経、自律神経を整えるツボをほぐし、筋肉の緊張を和らいであげること、循環良く血行を促してあげることで、つわりによる不調はかなり軽減します。そういった意味で妊婦さんへのしっかりとしたマッサージは非常に有効です。

概ね妊婦さんは、腰が重くなってきてから指圧やマッサージを受けるパターンが多いのですが、の時期のケアが非常に大切で、妊婦さん専用のやり方が確立された指圧マッサージは、この先週数を進め安定期にすんなり入っていくために妊婦さんに必要な方法のひとつです。

(さらに…)

「つわりを楽に早く終わらせるために」part:1

2015年05月12日(火)16時49分
カテゴリ:お役立ちコラム 初期の過ごし方 

妊娠初期は赤ちゃんの循環器系(心臓)が著しく形成される時期である

妊娠初期(0週〜16週)は赤ちゃんの神経系統が著しく発達しながら、循環器(心臓)も顕著に発達していきます。4週ぐらいから心臓が形成され始め、9週ぐらいには胎児心拍が最も早くなり、活発な心拍を維持します。まだ胎動がないので定期検診に行き、心拍を確認してもらう以外に赤ちゃんを実感しづらいのですが、赤ちゃんは活発に心臓を動かしながら急速な器官の形成をおこなっています。この赤ちゃんの循環器が形成されていく時期もとても重要な時期で、この時期に食べていると特に良い食べ物があります。

(さらに…)

妊娠初期(0週〜16週)の過ごし方のポイント。part3

2015年05月09日(土)13時13分
カテゴリ:お役立ちコラム 初期の過ごし方 

妊娠初期は赤ちゃんの神経系統が著しく発達する時期である

妊娠初期の特徴のふたつ目として、妊娠初期という時期は赤ちゃんの神経系統が著しく発達するとても大切な時期ということを念頭に入れておいてください。この神経系統が発達する段階で、葉酸を摂りましょうという知識はありますが、そのほかにどのようなことをするのが良いか、後々の赤ちゃんの穏やかで聡明な神経系統の成長につながるかをお話しします。

1:刺激的な音や映像を避けてあげる

赤ちゃんの神経系統、脳や脊髄の神経細胞の約80%が妊娠7週までに作られます。この神経系統が発達し、出来上がってくる時期に気をつけたいのは、刺激的な音や映像を避けるのが本当に大切です。脳や脊髄の神経細胞が形成され、神経系統が確立されていく段階はとてもデリケートです。妊婦さんはある程度お腹が大きくなってきてから食べるものに気をつけたり、胎教をしたりと赤ちゃんを気遣いますが、まずこの妊娠初期(特に妊娠7週と6日)に過ごし方や食べ物などを気をつけていたほうが後々よい赤ちゃんの発育につながるということを覚えておいてください。人によっては妊娠の自覚がなく、だいたいこの頃に検査をして妊娠がわかる為、この時期のケアをあまりしていない妊婦さんが多いのですが、非常に大切なことです。もし妊娠の可能性の自覚があれば、妊娠がわかる前の早い段階からお酒を飲んでいる人はやめて、赤ちゃんの神経系統の発育を意識してあげたほうが好ましいです。

なぜこの時期:刺激的な音や映像を避けたほうがいいのか

赤ちゃんの神経系統はとてもデリケートです。聴覚はもう少し後になってから形成されていくため、実際には 音そのものを聴いているわけではありません。しかし、急な大きい音や刺激的な映像、例えば工事現場の音、大きなクラクション、怒鳴り声、カラオケ、刺激的な映画など、強い刺激を伴う音や映像といったストレスは、妊婦さんの神経系統に影響を与え、そのストレスは赤ちゃんの神経系統にも影響します。赤ちゃんは母体を通し、その神経系統はちゃんと感じているのです。この時期の赤ちゃんの神経系統形成段階において妊婦さんはストレスを入れない、溜めないこれが基本になります。

妊娠期間中を通して基本的に妊婦さんは穏やかにストレスを溜めない、が基本ですが、妊娠初期の初期、妊娠2ヶ月目(7週6日)までは、特に意識してみて下さい。確かにつわりがある場合は心体共に非常にストレスを感じますし、大変な時期ですがとても大切な時期です。

2:オージャスドリンクを飲む

ここで赤ちゃんの神経系統の形成時期に飲んでいると赤ちゃんの神経系統のストレスを取り除き、神経系が強く穏やかな子になるという、オージャスドリンクという滋養強壮ドリンクを紹介します。神経系統が正常で強く穏やかということは、育てやすく聡明な子になるということです。この情報はとても有益ですね。

(さらに…)

妊娠初期(0週〜16週)の過ごし方のポイント。part2

2015年05月08日(金)15時48分
カテゴリ:お役立ちコラム 初期の過ごし方 

妊娠初期は胚が液状でデリケートである

まず妊娠初期は赤ちゃんの器官や臓器の形成の段階が進んでいないため胚は液状でデリケートであるため、「週数が早ければ早いほど無理をしない」、これを念頭に入れておいてください。

具体的に避けるべき行動

・重いものを持ち上げない
・過度にストレッチをして腹部に圧力をかけない
・自転車など二輪車に乗らない、サイクリングをしない
・なるべく階段は登らない
・何度もジャンプをしない
・飛行機など上下に揺れる乗り物で無理をする旅行はしない
・うつ伏せで体重をかけられるようなマッサージを受けない

代表的な避けるべき行動は以上のようなものがあります。いずれもポイントは腹部に圧力をかけない、ドスンドスン上下に力を加えないということです。腹部に圧力をかけたり、上下の激しい力はまだデリケートな胚にとって避けるべきことだという認識が大切です。
治療へは初産の妊婦さんばかりではなく、二人目三人目という妊婦さんもいらっしゃいますが、小さな上の子を抱っこしなければいけないケースは往々にしてあります。走って飛びついてくる子供をキャッチしなければいけないケースもあります。これらは、子供を育てているとどうしても避けられないことでもあるため、難しいところですが、十分に気をつけて無理をしないようにして下さい。切迫流産の傾向があり担当医から安静にするように指示される方は、治療をしていると初産より子育て中の妊婦さんに多いように感じます。いつもがいつも自分のために時間を使うことができず、すべて安静に無理をしないというのが難しく、とても大変なことですが気をつけてもらいたいなといつも思います。

そしてまだデリケートな胚が正しく分化し成長していく力の支えになる食べ物があります。

(さらに…)

1 / 212
ご予約・お問い合わせ
PAGE TOP