NEWS

快適マタニティライフ お役立ちコラム クーポン情報 ご予約・お問い合わせ:03-6455-42630/営業時間:火〜土 10:00〜20:00/定休日:日曜・月曜・祝日

つわり緩和アイテム

2016年07月12日(火)17時09分
カテゴリ:NEWS お役立ちコラム つわり 

Ciconiaのホームページをご覧いただきありがとうございます。

本日は妊娠中のつわりに効果があるアイテムをご紹介いたします。

私もお客さまから聞いて知ったのですが、「酔い止めバンド」「シーバンド」というネーミングで販売されており、腕にある 内関 というツボを刺激してくれるアイテムです。

このツボはつわり・吐き気・胃痛・乗り物酔いに効果があり、ストレスお腹の張り改善効果もあると言われています。

当店でも悪阻がある妊婦さんには、治療の際指圧で刺激をしたり、日常でも自分で押すようにアドバイスさせて頂いておりますが、このバンドはつけているだけでツボに刺激が与えることが出来ます。

バンドの効果は個人によって差があるようですが、当店にお越しいただいた妊婦さんはこのバンドをつけたおかげで「つわりがだいぶ楽になった!!」とおっしゃっていました。

つわりでお辛い思いをされている妊婦さんは、一度試してみてはいかがでしょうか?

マタニティ指圧マッサージの効果

2016年05月18日(水)17時09分
カテゴリ:お役立ちコラム つわり むくみ、つり マッサージ 肩こり 腰痛 頭痛、ストレス 

 

みなさんこんにちは。
しばらく「お役立ちコラム」の方をお休みしておりました。
今回は初心に戻り、指圧マッサージの効果について書かせ
ていただきます。

妊婦さんは、肩こりや腰痛、むくみ、ホルモンバランスの
乱れなどさまざまなマイナートラブルが起こります。
そして、週数や個々の体質によっても大きく差があるため、
どのように対処してよいのか分からず困っている
妊婦さんが多くいらっしゃいます。

マタニティー指圧マッサージの効果は
●凝り固まった筋肉をしっかりとほぐすことで、肩こりや
腰痛などの痛みが楽になる。
●指圧マッサージによって自律神経が整うため、つわり、
不眠やイライラなどのストレスを緩和することができる。
●定期的に指圧マッサージを行うことで、妊娠後期の身体
の負担によるトラブルを軽減できる。
●定期的に指圧マッサージを行うことで、出産の際の身体
の負担が軽減できる。
●定期的に指圧マッサージを行ることで、産後ための身体
づくりができる。

このように、指圧マッサージはリラクゼーションや痛みの
緩和という目的だけではなく、妊娠期間中の身体のケア
出産のための準備、産後のための身体づくりができます。

 欧米やオーストラリアなどでは、妊婦さんがマッサージを
受けるのは当たり前のこととなっています。
みなさんも指圧マッサージを取り入れ、より快適な
マタニティライフ、楽な出産、子育てを目指してみては
いかがでしょうか?

なぜつわりにグレープフルーツや生姜、ミントが効果的なのか。

2015年10月28日(水)15時38分
カテゴリ:お役立ちコラム つわり 

なぜつわりにグレープフルーツや生姜、ミントが効果的なのか。

つわり。
妊婦さんにとってつわりは第一の山場です。指圧マッサージ治療を通し多くの妊婦さんと話しをしてきましたが、妊婦さんは色々な情報をくれます。
つわりは本当に個人差が大きく、全くつわりがない妊婦さんから、頭痛(目の奥から首と後頭部の付け根に貫通するような鈍痛)ばかり起きる妊婦さん、食べていないと気持ち悪くなる妊婦さん、全く食べられない妊婦さん(水を飲むのも気持ちが悪い)、食べていても食べていなくても気持ち悪い妊婦さん、別に大したことでもないのに何か責められているような気がして悲しくなる妊婦さん、旦那さんの匂い(体臭や整髪料)が耐えられない妊婦さん、ご飯の炊ける匂いがまったく受け付けられない妊婦さん、焼魚の匂いが耐えられない妊婦さん、台所に立てない妊婦さん、スイカだったら食べられる妊婦さん、急にマックポテトや唐揚げくんが食べたくなる妊婦さん、眠れない妊婦さん、夕方になるとつらくなる妊婦さん、仕事をしていたほうがまだ楽な妊婦さん、少しあげただけでも様々な妊婦さんが私のところに来ます。
どれか当てはまるものはありましたでしょうか。つわりは確かに大きく分けて、つわりがある妊婦さんない妊婦さん、食べられる妊婦さん食べられないさん、に分けられますが、この両者の違いはどこから生じているのでしょうか。

つわりはこれだけ西洋医学が発達し、微細なものまで研究できるようになったのにまだ原因がわかっていません。一応の理由としては、
・黄体ホルモンや絨毛性ゴナドトロピンが大量に分泌されるため。この期間がつわりの時期と重なるので、これらの変化があまりに急激なので体が調整しきれないのではないか。という考えがありますが、これも因果関係がないかもしれないと言われています。なのでよく分かっていないため、「妊娠期間中はホルモンのバランスが変わってアンバランスになるから」という曖昧な答えが一般的になっています。

指圧マッサージを受けにつわりの時期に妊婦さんもたくさん来ていて、つわりのつらさをよくよく話してくれますが、つわりがある妊婦さんはつわりが終わるまでがまず妊期間中のひとつ目の山場だと思っています。

つわりがあっても楽に過ごしたいし、早く終わらせたいですね。
だからこのコラムを書きます。私が妊婦さんを見てきて、話しを伺ったり自分で妊婦さんに関する食事や過ごし方の勉強会などに行き実感としてこれはつわりがある妊婦さんに効果がある、つわりの時期少し楽になる、早く終わらせることができる、というものを紹介していきます。

つわりを軽減させるもの

グレープフルーツ レモン 生ハチミツ 生姜 ザクロ ケール ミント ウォーキング 白湯

これらがなぜつわりを軽減するのか、それは現代医学ではわかっていないのですが、実践主義的に経験からこれらがつわりを軽減させてくれる傾向は間違いなくあります。
アーユルヴェーダという伝統医学を勉強していたところ、なぜこれらがつわりを軽減するのかを理解するヒントがありました。
つわりとは、体質の変化に伴いkaphaが増える状態にあるとアーユルヴェーダの医師に言われたことがあります。
kaphaとは水の質なのですが、この水の質kaphaが増えると非常に気持ち悪く、気持ちも体も重くなり、いつも船酔いのようなひどい吐き気や悪心、時には頭痛など様々なことが起こります。
つまりつわりの時期にkaphaを安定させるような試み(それがグレープフルーツやレモン、生ハチミツなど)が、つわりを軽減させてくれるのです。
kaphaがなんであるかという問いは、アーユルヴェーダという医学を勉強し、ある程度慣れていないとわかりづらいのでここでは省略しますが、妊婦さんはつわりの時期、このkaphaを安定させる(下げる)行動や、食事を取り入れると、「あれつわり少し楽な時間ができたかも」とか「つわりだんだん終わっていくかもしれない」といった嬉しい感覚がる日が増えていきます。

つわりは通常4、5、6週〜14、15、16週くらいまで、ピークが9〜12週といった感じです。しかし人によっては18週になっても、20週をすぎてもという方もいます。
このつわりが終わる早さにも個人差があり、つまり増えたkaphaが安定してくるまでにも個人差があります。
つわりは長ければ長いほどつらく、妊娠期間がつらいものになります。
「つわりを楽に早く終わらせる」これが一番望ましいので、つわりで苦しんでいる妊婦さん、これからつわりがくる可能性がある方は以下のポイント(kaphaを安定させる)を心がけてみてください。
きっと楽に早く終わらせることの助けになります。

つわりを楽に早く終わらせるために試してみると良いこと

1:白湯を飲む
2:少し体を動かす(ウォーキング程度)
3:グレープフルーツジュース、ザクロジュースに小さじ1杯レモンを入れ空腹時に飲む
4:加熱や温めない状態のハチミツを小さじ一杯空腹時に舐める

この4つはどれもつわりを軽減させてくれます。しかし妊婦さんによっては、これらができないくらいに気持ち悪かったり、受け付けない方もいらっしゃいます。
できるものからになりますが、少しでも楽につわりを乗り越えていただきたいので試してみてください。

「つわりを楽に早く終わらせるために」part:2

2015年05月20日(水)12時41分
カテゴリ:お役立ちコラム つわり 初期の過ごし方 

妊娠初期のつわり、ただ楽になっていくのを待っているだけではつらいですね。実はつわりを楽に早く終わらせるための方法が3つあるのでご紹介します。妊娠初期のつわりの時期は症状に個人差が大きくあるので気持ち悪くて水を飲むのも無理、という方もいらっしゃいます。人によってはつわりが16週を過ぎてからも続いて気持ち悪いという妊婦さんもいますし、つわりで入院し体重を大きく落とす妊婦さんもいます。妊婦さんは体の変化に戸惑いますが、出来そうなつわり対策を取り入れ、比較的に早くつわりを終えてもらいたいです。
早く軽くつわりを終えることができれば、そのあと安定期に入ってからも比較的に楽に妊娠週を進めていくことができます

つわりを楽に早く終わらせる3つの方法

1:白湯を早朝空腹時に飲む

2:グレープフルーツジュースかレモンジュース、ザクロジュースに生蜂蜜を混ぜて空腹時に飲む

3:生姜白湯を朝の空腹時に飲む

(さらに…)

「つわりを楽に早く終わらせるために」part:1

2015年05月13日(水)12時56分
カテゴリ:お役立ちコラム つわり 初期の過ごし方 

妊娠初期はつわりがある不安定な時期である

妊娠期間中のまず初めの試練、それがつわりですね。妊娠期間中を通し、人によって最もつらい時期がこの初期に訪れるつわりの時期です。人によってはつわりが全くない妊婦さんもいますが、この0週から16週は妊婦さんにとっては特に難しい時期で、ストレスも感じやすく安定感に欠ける時期です
この妊娠初期は肩こり、頭痛や背中の痛み、首の疲れ、腰痛など様々な不調が体に出てきます。私が妊婦さんを専門に指圧マッサージしてきて思うのは、この時期に妊婦さんはマッサージを受け神経系統、特に頭首肩、肩甲骨周辺、背中背骨の際といった中枢神経、自律神経を整えるツボをほぐし、筋肉の緊張を和らいであげること、循環良く血行を促してあげることで、つわりによる不調はかなり軽減します。そういった意味で妊婦さんへのしっかりとしたマッサージは非常に有効です。

概ね妊婦さんは、腰が重くなってきてから指圧やマッサージを受けるパターンが多いのですが、の時期のケアが非常に大切で、妊婦さん専用のやり方が確立された指圧マッサージは、この先週数を進め安定期にすんなり入っていくために妊婦さんに必要な方法のひとつです。

(さらに…)

ご予約・お問い合わせ
PAGE TOP