NEWS

快適マタニティライフ お役立ちコラム クーポン情報 ご予約・お問い合わせ:03-6455-42630/営業時間:火〜土 10:00〜20:00/定休日:日曜・月曜・祝日

妊婦さんの脚の疲れとむくみ

2016年09月23日(金)16時11分
カテゴリ:NEWS むくみ、つり 未分類 

個人差はありますが基本的に妊婦さんの脚の状態は20週を過ぎたくらいから、だるくなり、重さを感じ、むくみやすくなります。

原因としては、妊婦さんはお腹の中の赤ちゃんが大きくなるにつれて体重が増えます。体重が増えることで物理的な足の筋肉の負担が大きくなってくることが考えられます。ただ単純に体重の増加だけが、足の筋肉の状態を疲労が溜まりやすくするわけではなく、歩き方の変化、今まである程度脚を上げ歩いていた歩き方から、すり足のようなあまり大きなお尻の筋肉を使わない歩き方になってくるため、ふくらはぎの筋肉(下腿三頭筋)や足の前側の筋肉(前脛骨筋)が非常に疲れやすくなります。筋肉が疲れやすく、むくみやすい状態とは、筋肉が硬くなっている状態です。

対策としておススメなのは、ご自宅でのセルフマッサージとプロの手を借りた定期的な指圧マッサージです。循環を良くして、筋肉の状態を良くしなければ解消されません。定期的な指圧マッサージでふくらはぎの筋肉をほぐすことと、セルフマッサージでその日の疲れをリセットすることがとても大切です。

サロンではご自宅で使えるセルフマッサージ用におすすめのマッサージクリームをご紹介しております。デトックス効果のある植物成分で、老廃物を流して疲れた脚を引き締めてくれるので、妊婦さんに人気です。

実際にお試しして頂くことも出来ますので、ご興味のある方は一度お試しください。

マタニティ・お肌トラブル対策① シミ・そばかす対策

2016年05月25日(水)18時16分
カテゴリ:NEWS お役立ちコラム 未分類 

妊娠期間中はホルモンのバランスの乱れからさまざまなお肌トラブルが起こります。

妊娠するとプロゲステロンというホルモンが増加します。

このホルモンの増加によってホルモンバランスが乱れ、ニキビ・吹き出物・乾燥・かゆみ・シミなどの肌荒れなどの肌トラブルを起こします。

プロゲステロンは妊娠を維持するために必要な大切なホルモンでもあり、出産まで分泌され続けるため、ホルモンバランスの乱れは避けられません。

妊娠中の肌トラブルは早めの対策が大切になります。

そこで、今回から数回に分けてそれぞれのお肌トラブルの対策方法をお伝えします。

今回のテーマはシミ・そばかす対策です。

ホルモンバランスの乱れによってお肌の新陳代謝(ターンオーバー)が正常に行われ無くなり、シミ・そばかすが突然現れたり、広がったりします。

妊娠中にできたシミ・そばかすは産後ホルモンバランスが整うことで戻ることが多く、通常のシミ・そばかすより消えやすいと言われています。

しかし、妊娠期間中にケアを怠っていると産後になっても残ってしまう可能性があります。

ということで、妊娠中にしっかりケアし、ターンオーバーを促すことがとっても大切になってくるのです。

自分でできる一番安全な方法としては、ビタミンCを多く含んだ食材を摂ること。体の内側からターンオーバーを促すことが出来ます。

小松菜・ホウレン草・赤ピーマン・黄ピーマン・ブロッコリーなどの野菜類や果物に多く含まれています。

ビタミンCはシミ・そばかすの原因となるメラニン色素の生成を抑える働きもあります。

その他、紫外線予防、質の良い睡眠など生活習慣も大切になってきます。

 

お顔はお肌の中でも常に外に出ている部分。トラブルがあると気分が落ちたり、やる気が出なかったりしてストレスになりますよね。

ママのストレスはお腹の赤ちゃんにも伝わります。

より快適でストレスの少ないマタニティライフを送るため、産後のためにも早いうちからお肌のケアを心がけてみてください。

 

お肌トラブルでお悩みの方は、当店にいらっしゃった時にご相談いただければアドバイスさせていただきます♪

ご予約・お問い合わせ
PAGE TOP